ホーム > エコリフォーム成功 > 生まれ変わったキッチン、本当にやって良かった!

エコリフォーム大成功

太陽光発電システム、断熱改修などのエコリフォームで「地球に優しい、人にも優しい快適な暮らし」を実現した方々の施工事例をお届けします。
見学OK マークのあるお宅は、施主様のご好意により見学させていただくことが可能です。ご希望の方はお問い合わせページよりお申込みください。

N様宅(奈良県吉野郡大淀町) オール電化、IHクッキングヒーター設置、キッチンリフォーム

生まれ変わったキッチン、本当にやって良かった!

IHを実際に見たその時、心がコロッと変わってしまいました

──キッチンのリフォームやオール電化を導入された理由は。

何にも考えてなかったんです、最初は。
近所の親戚が、キッチンをIH(IHクッキングヒーター)にすると言うので、何の気なしに見せてもらいまして。

今までも、「IHにしませんか、電気代、お安くなりますよ!」という売り込みは、ちょこちょこあったんですが、「うちは年寄りばかりで、若いのは外に出てるので、毛頭する気はありません」と突っぱねていたんです。

でも、その親戚宅のIHを見た時、コロッと心が変わってしまいました。まず引かれたのは、とにかく掃除が楽だというのと、見た目のきれいさ。その場で「やろう」と、80%は決めました。

とはいえ、主人に相談もしないといけないので、機嫌の良い時を見計らって話したら、特に反対もなく、「鍋も焦がさなくていいわ」と。まあ、IHにしたから焦がさない、というわけではないんですが、火の手は上がりませんからね。


──当初は、IHの取り付けしか考えておられなかったそうですが?

そう、IHの予算的なことは聞いていまたので、軽い気持ちで、前のキッチンを辰巳さんに見に来て頂いて、「こんな所でもIHにできますか」と聞いたら「できますよ」と。

その時は、買ってまだ2年しか経ってないガスの瞬間湯沸かし器がありましたので、「これは残しておきたい」と思っていたんですが、その晩、娘にその話をしたら、「お母さん、湯沸かし器を取ったら、窓が広く大きく使えていいよ」と言われて、一晩考えて、翌日、「やっぱり、これも外してください」とお願いしました。

さらに親戚から「システムキッチンにしたらいいんじゃない?」と言われて、それもやろう、ということでリフォーム。当時は薪で焚いていた風呂も、電気湯沸かしに。あれよあれよという間に全部変わっちゃった。早かったですねー。

IHもシステムキッチンも、文句なしの使い心地

──IHを実際に使ってみて分かった魅力は。

お料理で、温度設定が、きちんとできることです。

例えば揚げ物をする時、油の適温は180度で、その見極めが「衣がパッと浮き上がる程度」とか言われるんですが、難しいんですよ。具を入れると油が冷えますから。だから今まで、いくら粉や油をちゃんとしたのを使ってても、温度が低くてベチョッとなったり、逆に高すぎて黒くなったり。

それがIHだと、マイコン制御でちゃんと180度にしてくれ、しかも揚げている間も温度を保ってくれるから、カラッときれいに揚がります。それに、180度になったら「揚げ頃です」と声で教えてくれるから、別の作業に夢中になって忘れることもないし、火災の心配もいらず安全です。

温度設定のメニューには、強火・中火・弱火と「とろ火」というのもあって重宝しています。おつゆとか、すぐに食べないけれども、ちょっとあっためておきたいという時に便利です。とろ火だと焦がすこともありません。


──システムキッチンの使い勝手はいかがです?

大満足、言うことなし、です!
シャワー式で引き出せる蛇口や、IHと連動して自動で動く換気扇、古いお鍋もスッキリ収まる収納スペース……。メーカーさんは、消費者の意見を聞いて改良なさっているんでしょうね。10年前なら、こんなのに巡り会えなかったと思います。

あと、キッチンの高さも、身長に合わせて5段階から選べるのにはびっくりしました。前は、ちょっと腰を曲げて洗い物や料理をしてましたけど、今はまっすぐ立って出来るので腰の負担もありません。

キッチンのカラーは、ショールームに連れて行って頂いて、実物を見て考えました。「濃い色は、夏は暑苦しい。グレー系は、冬は寒そう」という娘の意見で、最終的にはピンクに決めました。

食洗機も、娘にすすめられて入れました。夜にさっと洗ってセットしたら、朝にはきれいになってる。本当に便利です。安い夜間電力を使えますし。ただ、初めて使った日の翌朝は全く洗えてなくて、大慌てで辰巳さんに電話したら「食洗機の扉、ちゃんと閉まってます?」「しまった、しまってなかった」(笑)

息子夫婦は先にIHを入れているので、とにかく娘にはいろいろアドバイスしてもらいました。義娘は今回のリフォームをとても喜んでくれて、IH用のフライパンやプレートを送ってくれたりしました。本当に気配りのできるお嫁さんですよ。


──逆に、不便に思われたことは何かありますか?

お湯が出るのが、今までのガス瞬間湯沸かし器より遅くなる、ということは聞いていました。お湯の出る所と湯沸かし器との距離があって、パイプの中のお湯は次に使うまでに冷めてしまうからです。そこは一番心配してたんですが、洗い桶の半分くらい出したらお湯になりますので、今のところさほど支障ないです。

あと、うちは七輪も使っていますので、IHで料理したものを古い鍋に移して七輪でぬくめるとか、うまく使い分けています。IHにすることで、使えなくなる調理器もありますが、そこは生活のスタイルをうまく対応させることで解決できると思います。

人との出会いと、営業マンに感謝です

──今回のリフォームを振り返って。

今回、私が成功したのは、身近な人が先にIHをやっていて、事前にいろいろ聞けたということと、森下組という真摯な業者さんに会えたことだと思っています。

親戚宅の工事も、どこかの電気屋さんだと思っていたら、建設会社の森下組さんだと聞いた時は、少し驚きました。ですが、最初はIHだけの計画だったのが、こちらの都合で途中から色々変わっていったのを、柔軟に対応して頂き、さすが森下組さんは、幅広いお仕事をしっかりされている企業さんだと思いました。

あと感心したのは、普通は、工事現場に来られるのは大工さんや電気屋さんだけで、課長さんクラスの方は忙しくて来られないものと思うのですが、辰巳さんは、ちゃんと朝から来てくださいましたし、職人さんたちに必ず「お疲れ様」と声をかけておられました。私たちは奥の方にいましたが、聞こえてきて、気持ちいいじゃないですか。素晴らしい営業マンだと思います。

正直、この年でオール電化って、思ってもいませんでしたが、周りの人たちが押し出してくれたようで、これも巡り合わせかなと思います。人との出会いと、営業マンに感謝、感謝ですね。結果的に主人も喜んでくれましたし、本当に、やってよかったです。息子夫婦は、まだ見てないんですが、娘も孫も、とっても喜んでくれると思います。お披露目できるのが今から楽しみですね。


──リフォームを検討中の方に、一言アドバイスを。

「うちがしたから、この人もあの人も」とすすめるわけではないですが、一つ言うならば、とにかく「まず最新式の物を見てください」。換気扇にせよ蛇口や食洗機にせよ、今は各メーカーが研究なさっていますから、ショールームで、今、どういうことをやってるのかを聞いてみることです。

そして、やろうと思ったら一日も早く、ですよ。やっぱりキッチンは女性の城ですから、もちろんお金のことはありますが、ちょっと余裕あるんでしたら、ぜひ、と思います。

前の事例 次の事例
エコリフォーム大成功一覧へ
お問い合わせ方法