ホーム > エコリフォーム成功 > 【奥様にインタビュー】子どもたちのために、これからを考えて...

エコリフォーム大成功

太陽光発電システム、断熱改修などのエコリフォームで「地球に優しい、人にも優しい快適な暮らし」を実現した方々の施工事例をお届けします。
見学OK マークのあるお宅は、施主様のご好意により見学させていただくことが可能です。ご希望の方はお問い合わせページよりお申込みください。

S様宅(奈良県吉野郡下市町) 太陽光発電システム設置、エコキュート等

【奥様にインタビュー】子どもたちのために、これからを考えて...

勤め先で「オール電化・太陽光発電システム説明会」を開催

──太陽光発電システム導入のきっかけは?

以前から森下組さんには提案を頂いていまして、勤め先の人たちと話をしていると、電気温水器やIHは何人かが使っていたんですが、太陽光発電はまだ誰も使っていなかったんです。
私も太陽光発電のことを知りたかったので、それなら私一人よりも、一度、会社のみんなで話を聞かせてもらったらいいのでは、と思いました。
実際、電気とかお水を使っていて光熱費にシビアなのは、旦那さんよりも奥さんじゃないですか。それで、主婦の方を対象に説明会をしてもらおうか、ということになって、勤め先の事務所で、説明会を開いてもらうことになりました。


──説明会の内容についてお聞かせください。

説明会では、関西電力の方と、太陽光パネルのメーカーさんが来られて、オール電化や太陽光発電のメリットを、分かりやすく説明して頂きました。
参加した人の中には、すでに電気温水器やIHを使っている人も多いので、色々なことが分かるんです。誰かが「こんな時にお湯が足らんようになる」と言うと、もう一人が「いや、そんなことないよ」とか。みんな家族の人数は多いんですが、家族構成や年代はそれぞれ違いますので、それによって設備の使い方も違います。
また、太陽光発電のことはみんな初めてで、誰も知らなかったんで、メーカーの方が実際にパネルを持って来てくれまして、「年に一回は、磨かなあかんもんなやろか?」「屋根に登って掃除するの?」とか色々聞きました。「重さはどのくらい?」「屋根にちゃんと載るの?」とか。そういう分からないことについて、詳しく説明を受けました。

子どもたちの生活を大切に、将来的なメリットを優先しました

──説明会をきっかけとして、導入の決め手は?

一番は、これから先の光熱費ですね。子どもが二人いて、まだ中1と小4と小さいので良いのですが、これから子どもが中学、高校、大学生と大きくなって部屋が一人一人別々になったら、電気代がどれくらいかかるか。
今でも、上の子はクラブから帰ってきたら体の芯までカンカンに熱くなっていて、クーラーをずっと夜通し使います。部屋が別々になったら、電気代、4~5万はすぐかかります。一人ずつクーラーとかいるでしょ?また冬にはヒーターとかホットカーペットとか、すごいですよ。
それなら、先のことを考えてみようか、今はそういう年代かな、と。これから子どもたち一人一人の生活空間が大事になりますから、将来的なメリットを考えました。


──これからのこと、色々と不明点も多いと思います。

そのへんを説明会では結構詳しくお聞きしました。こういうことは、実際に使っている人に聞くのがいい。「ここ」ということ、よう知ってますから。お湯が足らなくなるパターンとか、温度を何度かに設定して追い炊きを使わないお宅のこととか、あとお皿洗ったりする時にはどうか、とか。いろんな質問で白熱して、結局1時間半の予定が、2時間半になりました(笑)
そういうお話もあって、給湯器は一番大きなタンクのものにしました。メーカー云々よりも大きさを重視しました。
あと、導入の他の理由として、この家を建てたばかりの時につけた石油ボイラーが、14~15年たった今まで一度も替えたことがなくて、やがてだめになるくらいなら、今、電気給湯器に替えようか、それなら太陽光も、という流れもありました。


──「まだ早いのでは?」といった心配はありませんでしたか?

「太陽光発電、まだちょっと早い段階ちゃうか」とか、いろんな意見はあります。計算上は10年で元を取れるか取れないかというラインらしいんですけど、遅かれ早かれ、やるんやったら、うちは今、子どもがそういう時期にさしかかっているから。
これが10年後にしていたら意味がない。今が一番。これから、生涯で一番電気代がかかる時ですから、そのときに合わせてしたということですね。これは人それぞれ、何を基準にするかだと思います。
あと、補助金もいつまであるかどうか、行政的にも分からへんし「あとで」と思っているうちにチャンスを逸してしまう。こういう時は、ちゃっちゃと早くやる。波に乗っていく。悩んでて補助金が終わってしまったら、ね……。
それと「これからもっと安くなるんちゃうか」というのも、安くなるかもしれんけど、それは多少のことで、補助金の分、安くしようと思ったらどれくらいの日数かかるかということ考えたら一緒やな、と。

とにかく快適!エコキュート

──新しい電気設備の使い心地は?

エコキュート、素晴らしいですね!お風呂のお湯張りも、ボタン一つなのがいい。今までは、湯加減も自分で調整しなければならなかったし、お湯が一杯になったら「誰かお湯、止めてきて~」と、超アナログ。そのくせジャグジーがついているという(笑)
エコキュートは、温度も自動でピッタリ設定してくれます。この家のライフサイクルを考えて、マイコンが制御してくれる。それと省エネ効果ですね。夜にお湯をわかしてくれるし、お湯がなくなるということも、今のところ全くありません。
それと、太陽光発電システムのことですが、非常用コンセント。最近は3日も4日も停電するようなことはありませんが、万一何かあっても、ここで電気が使える。お湯も少しはわかせるだろうし、携帯の充電などもできるのは安心です。


──実はS様宅は、まだ完全なオール電化ではない、とか。

そうなんです。3年ほど前に、掃除がしやすいガラストップのガスコンロを新調しまして、それを替えるのは、まだもったいないな、と。それで完全なオール電化にはならないですけど、それでも光熱費は結構下がると思います。
何でもかんでもオール電化、ではなく、そういった各家の生活プランや、家族の年代に応じて導入できるのは良いですね。うちらのような、子どもの育ち盛りの時には、どんどん変わっていくので。

環境への取り組みを体験できるのが素晴らしい

──ご家族の皆さんも、省エネやエコへの関心が一層高まるのでは。

周りの人や親がそういうことに興味を持っていたら、必ず子どもも興味を持ちます。環境に貢献できるものが家にあるということの影響は、すごくあると思います。「うちの家はエコなんや」「ああ、エコになるんや」とか、お兄ちゃんなんかは言ってますからね。
言葉はみんなよく知ってますけど 実際に自分の家がそういう所になることを意識的に感じているみたい。下の子も「いつエコになるの?」と。これはとてもいいことだと思います。
うちはたまたま、リサイクル関連の仕事もしているから、いらなくなったものは再利用するという感覚が、子どもたちには強いんですよ。ただで降り注いでいる太陽光を活用するということを、子どもにも体験できるのは大きいと思います。
モニターがついて、電気を買っている、売っているというのが目に見えて、「今、クーラーはうちの作った電気で動いている」とか、実際に分かりますからね。


──導入を検討されている方へアドバイスを。

一つ言えるのは、事前に情報をよく集めておくことだと思います。
これについては面白い話があって、さっき話した説明会の中で、深夜時間(夜11時~)に電気代が安くなる、という話がありました。
そしたら事務員の一人が、「うちも主人が、深夜電力が安いからって、朝に洗濯させてくれないんです」と言うんで「電気温水器あるの?」「いいえ」「電気温水器か電磁調理器か、何かつけないと、安くならへんのよ」「えええっ!?」って、みんな大笑い。
結局、世間で「深夜料金が安い」と言われるもんだから、みんな夜の電気は安くなると、ご主人が勘違いしていたみたいで、奥さん、一番気の毒(笑)
太陽光発電は、まだ新しいものなので、色々と誤解や思い込みをしている人や、所々しか分かっていない人も多いと思いますので、情報は大切ですね。

前の事例 次の事例
エコリフォーム大成功一覧へ
お問い合わせ方法